シミは顔の印象を大きく左右します。
シミが薄くなることで肌のトーンが明るく見えたり、若々しく見えたりすることもあります。
 
今回は、そんなシミが薄くなると話題のハイドロキノン配合の「ホワイトHQクリーム」を試してみました。
 
「肌の漂白剤」とも呼ばれるハイドロキノンが高濃度で配合されたホワイトHQクリームのシミに対する効果や使用方法、注意点について口コミを交えてご紹介します。
 

 

ホワイトHQクリームの魅力

 

  • 純ハイドロキノン5%で白肌にみちびくクリーム
  • グリセリンベースで安定性を確保したハイドロキノン美白クリーム
  • ヒト型セラミドほか6大成分で密着保湿
  • 7つのフリーで刺激を少なく!

ホワイトHQクリームはこんな商品!

 

純ハイドロキノン5%で白肌にみちびくクリーム

HQクリームのメイン成分であるハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも呼ばれる強力な美白成分です。
 
濃度の低いものは化粧品に配合されていますが、濃度が高いものは医療品として病院で処方されます。
 
優れた美白効果が期待できるものの、紫外線に弱く安定性が低いため、化粧品には「安定型」として薄めてつくられた「安定型ハイドロキノン」として配合されるのが一般的。
 
ですが、HQクリームは安定型ではなく、「純ハイドロキノン」にこだわってつくられています。
 
そのハイドロキノン濃度は、安定型の約3倍ともいわれています。
 
より効果を実感しやすいように、ハイドロキノンが高濃度で配合された、「本当にシミを薄くしたい人」のための美白クリームです。

グリセリンベースで安定性を確保したハイドロキノン美白クリーム

濃度の濃い純ハイドロキノンは、効果が期待できる反面、酸化しやすく安定性が低いという欠点があります。
 
HQクリームは、安定性が低いという純ハイドロキノンの欠点を補うために、通常水をベースにつくるところ、グリセリンをベースにつくられています。
 
水がベースの場合、クリーム内の水分量が多くなることでどうしても酸化が進みやすくなりますが、グリセリンベースにすることで安定性を長時間保つことに成功。
 
高濃度を維持しながらも酸化しにくいハイドロキノンクリームを実現しました。

ヒト型セラミドほか6大成分で密着保湿

HQクリームは、シミをケアするだけのクリームではありません。
 
細胞の活性化にアプローチするプラセンタエキス、肌のバリア機能を高める作用が期待できる4種のヒト型セラミド、肌のハリに欠かせないコラーゲンといった6大保湿成分が配合されています。
 
これらの成分で肌にうるおいを与え、バリア機能を高めることでこれからできるシミを防ぐ作用も期待できます。

7つのフリーで刺激を少なく!

美白の主成分であるハイドロキノンは、肌への刺激が少ない成分ではありません。
 
人によっては刺激を感じることもある成分であるだけに、ほかの点では肌へのやさしさにこだわってつくられています。
 
肌へのやさしさのために約束されているのは7つのフリー。
具体的には、合成着色料、合成香料、エタノール、シリコーン、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤、パラベンが使用されていません。
 
肌への負担をなるべく少なく、美白効果を実感したいという人にはうれしい配慮です。

ホワイトHQクリームの配合成分から期待できる効果

 

ハイドロキノン

イチゴやブルーベリーなどに含まれる成分で、「肌の漂白剤」と呼ばれることもあります。
 
欧米では、以前から美白剤として親しまれてきましたが、日本では2001年に化粧品への配合が認可されています。
 
メラニンの生成を促すチロシナーゼという酵素の働きを阻害することにより、色素沈着を防ぎ美白にアプローチ。
 
メラニンをつくらせないことに加え、減少させるという効果も期待できる成分です。
 
その効果の反面、紫外線に触れると変質しやすい点や肌への刺激が強い点などがデメリットとして挙げられます。
 
使用方法に注意が必要な成分です。

パルチミン酸アスコルビルリン酸3Na

APPS(アプレシエ)とも呼ばれるビタミンC誘導体の一種で、水にも油にも溶けやすいという特徴を持ちます。
 
油にも溶けやすい油溶性の性質も持つため、皮脂とよくなじみ肌の奥(角質層)まで届くという点もポイント。
 
ほかのビタミンC誘導体と同様に、チロシナーゼを阻害する作用からメラニンの生成抑制、黒化メラニンを淡色メラニンに還元する作用などが期待できます。
 
これにより、シミそばかすの予防とできでしまったシミを薄くするサポートをします。

ヒト型セラミド

セラミドは、もともと人の肌に存在している細胞間脂質と呼ばれるものです。
 
いくつかの種類があり、保湿やしわの軽減、バリア機能のサポートなどそれぞれに違った役割を持ちます。
 
不足すると乾燥肌や敏感肌の原因になるともいわれ、健やかな肌には欠かせない成分です。
もともと人の肌に存在する成分なので、肌への刺激が少ないというメリットもあります。

リンゴ果実培養細胞エキス

スイス原産のウトビラー・スパトラウバーというリンゴから抽出された植物幹細胞エキスです。
 
このウトビラー・スパトラウバーは、その優れた抗酸化力から「奇跡のリンゴ」とも呼ばれ、4ヶ月間腐らないリンゴとして知られています。
 
その抗酸化作用から、しわやハリ不足にアプローチするエイジングケア成分として注目されています。

カンゾウ根エキス

生薬としても親しまれている甘草の根から抽出されるエキスです。
 
抗炎症作用や消炎作用などが期待できる成分で、ニキビ肌用化粧品や美白化粧品に配合されることが多い成分。
 
肌荒れを防ぎ、肌の炎症をやわらげる作用が期待できます。

 

 

ホワイトHQクリームを実際に使用してみました!

 

ホワイトHQクリームを開封してみましょう

ホワイトHQクリームは、10g入りととても内容量の少ないクリームです。
そのためBOXは手のひらにぴったり収まる小さなサイズ。
 
さっそく使用してみましょう。

ホワイトHQクリームのパッケージは?

ホワイトHQクリームはチューブタイプのクリームです。
 
先端が細くなっているので、シミのある部分にピンポイントで塗ることができそうです。
その細さはわずか1㎜ほど。

 
小さなシミにも塗りやすそうですね。

ホワイトHQクリーム使用時の注意点は?

ハイドロキノンが高濃度で配合されているため、いくつか注意すべきことがあるようです。

まずはパッチテストを推奨

商品説明書によると、初めて使用する場合はパッチテストが推奨されています。

 
私は以前にも5%のハイドロキノンを使用したことがあるのでパッチテストなしで使用しましたが、初めての人や肌が弱い人はパッチテストをしてからの使用がおすすめです。
 
商品によっては低い濃度からの使用が推奨されていますが、ホワイトHQクリームは5%の濃度のみです。
 
高い濃度のハイドロキノンですので、肌が弱い人は注意が必要です。
 
パッチテストは、二の腕や腕の内側の皮膚の薄い部分で行います。
1円玉大を薄くのばし、約24時間放置します。
赤みや腫れ、かゆみが出なければ使用しても大丈夫です。
 
皮膚トラブルが起きた場合は使用しない方がよいでしょう。

使用はシミのある個所にピンポイントで

顔全体を美白したくても顔全体に使うことはできません。
 
シミが気になる部分にピンポイントでの使用が推奨されています。
私は顔にある大きめのシミ2ヶ所と、手の甲にあるシミに使用しました。

保管は冷蔵庫で

ハイドロキノンは日光に当たることにより変質してしまう性質があります。
 
変質することで、肌に刺激を感じる人もいるため日の当たらない冷蔵庫での保管が推奨されています。
 
また、開封後は3ヶ月以内に使いきることも併せて注意事項として記載されていました。

sayo

サイズが小さいのは、3ヶ月で使いきれる量、ということですね。

ホワイトHQクリームの質感&香りは?

 
先端が細いのでピンポイントで塗ることができますが、今回は少し多めに使用してみました。
質感は少しかため。

 
広げてみると、少し白く残ってしまいましたが、しばらく放置していると肌になじみ、白さが消えていきました。

 
付属の商品説明書を見ると、「水ではなくグリセリンが主成分のため、白く残ることがある」とのこと。
高濃度の証のようですね。

 
香料や精油由来のエキスが入っていないため、香りはまったくありません。

sayo

化粧品というよりは塗り薬のような質感です。

ホワイトHQクリームのシミへの効果は?

ハイドロキノンは、紫外線に弱いため使えるのは夜のみ。
そのため、効果が表れるまでには少し時間がかかるかもしれません。
 
私は顔のシミと手の甲のシミに使用しました。
 
毎日、就寝前に適量を塗り、朝には洗顔で落とします。
3週間の使用です。

 
色が濃いほうのシミ(ほくろに見えますがある日突然できたシミです。)にはほとんど効果がありませんでした。
小さいほうのシミは少し小さくなった気がします。

sayo

確かな効果を実感するには3ヶ月から6ヶ月の使用が推奨されているのでもう少し続ければ効果を実感できるかも。

ホワイトHQクリームのみんなの口コミ

 

ホワイトHQクリームの悪い口コミ

肌が弱いので、やっぱりハイドロキノンは刺激が強いです。赤みもでました。

残念ながら私の肌には合いませんでした。このところ肌荒れをすることがなかったのですが、これを付けて3日めから付けた場所3か所の辺りにぶつぶつができ、荒れてしまいました。その上、すぐ付けるのをやめたのですが、シミが明らかに以前より濃くなってしまいました。(/_;) 

少量でも伸びがいいので量的に問題はありません。
1ヶ月近く経ちましたか、全く変化見られず…残念

小指くらいのサイズで届いてかなり小さくてびっくりしました。クリームの感じは重たくてあまり気持ちよくない。

塗ると肌がぼこぼこになります。
しばらく休んでまた使ってを繰り返していましたが、シミはメイクで隠せてもぼこぼこは隠せない。肌がより汚くなったので使用を諦めようと思います。

sayo

効果が高い分、副作用もあるようです。肌が弱い人は注意が必要ですね。

ホワイトHQクリームのよい口コミ

ハイドロキノンが良いとは聞いていたのですが、これは美容皮膚科に置いてあったハイドロキノンクリームより配合量が多くて、試しに使ってみました。

結果、頬のシミが大分薄くなってきて、コンシーラーの厚塗りがなくなりました(笑)

その下の大きいシミはまだ時間がかかりそうですが、こちらも気持ち薄くなってきた気がします。

リピ決定です!

2週間目くらいから、シミが薄くなってきているのが分かりました!
正直全部のシミに効くわけではないですが、1番気になっていた頬のシミがほとんど消えたので満足しています。

容器は小さいですが、1回の使用量も少ないので、1本で結構もちます。

夜寝る前に3ヶ月使い続け、薄かったシミはだいぶ消えて濃いシミも所々ですが薄くなってきています。
ここまで変わるとは思っていなかったので、本当にびっくりしています。

目尻の目立っていたシミはファンデーションだけで隠せるようになり、とても楽になってきています。

歳のせいか濃いシミは時間がかかりそうな気がしていますが、これだけ薄くなったので効果を信じて使い続けていきます。

シミに悩んで使いはじめましたが、ハイドロキノンって本当に効くんですね……。
初めてハイドロキノン商品を購入しましたが、このクリームはすごく効果を感じられました!
今回2本目の購入なのですが、元々は母が3本まとめて購入したのを一緒に使わせてもらったのがきっかけでした。
母と私では肌質が違うので(私は敏感肌、母は乾燥肌です)、母は問題なかったようですが、私は使った初日に少し肌が赤くなったので不安になりました…。
ですが、1日で赤みがひいたのでもう一度挑戦したところ、それ以降は問題なかったので継続して使い今は3ヶ月目になります。
1ヶ月目は全然変化がなかったんですが、2カ月目には、徐々にシミが薄くなったかな?と感じて3カ月目で「あ、ちゃんと効いてる」とわかりました。
使い続ければほんとにシミが薄くなっていくと思います。

使用開始から約2週間、途中3日休憩したのでトータル10日ほど使用した今朝、うすーい茶色がかった皮が剥けた。目に見えてシミが薄くなった!とはなってませんが、効果はあるのかな?と。続けてみます(^_^)
2回目の脱皮で、薄くなったと実感。

sayo

効果が実感できるシミとそうではないシミがあるようですね。多くの人が何らかの効果を実感しているようですよ。

口コミ引用元すべて:Amazon

ホワイトHQクリームのの全体評価

 
ホワイトHQクリームは、「肌の漂白剤」とも呼ばれるハイドロキノンが5%の高濃度で配合されているクリームです。
 
ピンポイントで使用する商品なので、顔全体のトーンを明るくしたいといった人には向いていませんが、気になっているシミがある人にはぴったりの商品。
 
先端が細くなっているチューブ式なので、小さなシミにもピンポイントで塗ることができます。
 
肝心の効果は・・・
3週間の使用で小さなシミが薄くなっているのは実感できたものの、濃くて大きなシミには変化がありませんでした。
 
推奨されている使用期間は3ヶ月から6ヶ月ということを考えると、もう少し継続して使用することで効果が出てくるかもしれません。
 
口コミでは、2週間目あたりから効果が出始めたという人、2ヶ月目から効果が出始めたという人さまざまでした。
 
また、薄くなったシミと薄くならなかったシミもあるようです。
 
個人差やシミの種類によっても差があるようですが、多くの人が効果を実感しているようです。
 
一方で、酸化しやすく肌への刺激が強いというデメリットも存在します。
 
冷蔵庫での保管や、夜しか使えない点が少し残念です。
 
口コミでも、肌に合わず荒れてしまったという声も少数ありました。
肌が弱い人は、パッチテストを行ってから使用した方がよさそうです。

ホワイトHQクリームはこんな人におすすめ

  • 美容皮膚科に行かずにシミを薄くしたい人
  • 比較的肌が強い人

まとめ

ホワイトHQクリームは、「肌の漂白剤」とも呼ばれるハイドロキノンを高濃度で配合した集中美白クリームです。
 
お得な定期便も用意されていますので、シミが気になっている人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。