エポラーシェ・ピューローションは、肌をしっとりと潤すことができる化粧水です。ブランド自体が美容研究家「岡江美希」のプロデュースによるものなので、素肌の悩みを抱えている人の強い味方となってくれるでしょう。
 
従来品と比較するとエイジングケア成分が豊富に含まれているので、年齢を重ねていく上でのトラブルにも対応できます。

 

 

エポラーシェ ピューローションのポイント

  • 浸透力があり、肌になじみやすい
  • 美容成分が豊富に含まれている
  • シンプルにスキンケアができる

エポラーシェ・ピューローションの魅力

浸透力がある

エポラーシェ・ピューローションは、肌になじみやすい処方となっているので、肌に出して広げるとすぐに角層まで入り込んでくれます。
 
いつまでも肌の表面にとどまっているわけではないので、スキンケアに時間をかけたくないという人でもスピーディーにケアを終わらせることが可能です。
 
オリゴヒアルロン酸やクダモノトケイソウ果実エキスといった分子の構造が小さい成分をベースに配合しているので、地肌に瞬時に馴染んで肌を潤すことができます。

美容成分がたっぷり配合されている

エポラージュ・ピューローションには、美容成分が豊富に含まれているのも大きなポイントです。保湿成分としてはオリゴヒアルロン酸やハイドロウレア、ハリと弾力をキープするためのレッドクローバーエキス、エイジングケアに効果的なリンゴ幹・細胞培養エキスなどが含まれています。

配合されている美容成分

ハイドロウレア

ハイドロウレアは21世紀進化型保湿原料ともいわれるもので、保湿力のある成分です。肌を効率的に潤すことができるので、カサつきがきになる季節にも適しています。

レッドクローバーエキス

マメ科の植物「レッドクローバー」から抽出されるこの成分は、大豆の10〜20倍ものイソフラボンを持っているのが特徴です。
 
海外ではハーブティーなど食用として摂取することもあるものですが、日本ではまだそれほど浸透していません。
 
レッドクローバーの持つイソフラボンが働くことで女性ホルモン「エストロゲン」の生成が促され、これによってヒアルロン酸たコラーゲンの分泌量も増えます。そして結果的に、肌のハリや弾力を高めることができるのです。

サトウダイコンエキス

サトウダイコンエキスはPCAとも呼ばれる成分で、グルタミン酸から作り出すことができます。
 
保湿作用に優れており、肌表面の潤いを保って健やかな状態に整えることで、エイジングケアにも効果的です。

オリゴヒアルロン酸

オリゴヒアルロン酸は分子が小さいのが特徴で素肌になじみやすく、肌にのせた瞬間に角層まで入り込み、潤いで満たすことができます。
 
肌に浸透しやすいので、インナードライや乾燥肌で悩んでいる人に適した成分です。

ウメ果実水

ウメ果実水はその名の通りウメの果実から抽出されたもので、抗糖化作用があるのが特徴です。
 
たんぱく質と糖が結合すると糖化生成物(AGEs)というものが作られますが、これは毒性のあるものなので、体に悪影響を及ぼして老化を早めてしまいます。
 
ウメ果実水にはこのAGEsを分解する作用があるので、糖化を抑えて若々しい素肌を保つことができるでしょう。

リンゴ幹・細胞培養エキス

幹細胞コスメなどが近年注目されていますが、リンゴの幹細胞も美容をする上では大切なものです。
 
リンゴには酸化型ビタミンCが含まれており、これは時間の経過で破壊されることがありません。そのため、体への吸収率も高いのです。
 
またリンゴにはポリフェノールも豊富に含まれているので、抗酸化作用も期待できます。

ビタミンB12

ビタミンB群は美肌ビタミンと呼ばれており、中でもビタミンB12は万能ビタミンと呼ばれています。肌の再生を促して肌の状態を整えることができるので、健康的な素肌に導くのに効果的です。

クダモノトケイソウ果実エキス

クダモノトケイソウエキスは、時計に似ていることから「クダモノトケイソウ」という和名がついた「パッションフルーツ」の果実から抽出されたものです。
 
この成分はリンパの流れをスムーズにしてむくみやくすみをケアする働きがあります

asami

リンゴの幹細胞は私も以前から注目している成分なので、これが含まれているのは嬉しいな、と感じました。抗糖化作用や抗酸化作用を持つ成分も配合されているので、シミやくすみなどの素肌の悩みを効率的にケアすることができそうですね。

 

エポラーシェ・ピューローションを実際に使ってみました!

においはなく、使いやすい

 
私は基礎化粧品を使う際にチェックするのはにおいなのですが、この商品は鼻を近づけてもにおいがなく、使いやすく感じました。香りは好みが分かれるので自分にあっているものでない場合は気分が悪くなってしまうこともありますが、これなら使い続けることができそうです。

さらっとしていて、肌になじませやすい

 
手にとってみるとさらっとした質感で、肌にすんなり馴染みました。直後に何かを触っても汚れてしまうことなく、快適に使用できました。

なじんだ後はべたつかない

 
さらっとした質感で使いやすく、素肌になじませたあとはペタペタすることもないので、その後の作業がやりやすいです。忙しくてさっとスキンケアをしてすぐに出かけたいというときには使いやすいでしょう。

乾燥肌の人は、美容液オイルなどと併用するのがおすすめ

 
この化粧水はさらっとした質感なので、潤い不足を感じてしまうこともあるかもしれません。そのため、乾燥肌の人は美容液オイルなどを混ぜてからつけていくといいでしょう。私も実際に手持ちの美容液オイルを混ぜてみたところ、少ししっとり感が出ました。

⇒公式サイトはこちら|500円モニター

エポラーシェ・ピューローションの口コミ

【エポラーシェ】ピューローションの悪い評価の口コミ

サラサラで水のようです。
シートパックしても全く潤わずカサカサになってしまいました。

肌の奥から乾燥している感じです。
乾燥肌の私には合いませんでした。残念です。

使い心地はというと、ピウローションより
あっさりしていました。
バシャバシャ使いたい為、量も少ないし
あっさりだし、物足りないと思ってしまいました。

超乾燥肌の私なので もう少し保湿感があってもよかったかも。

私が使った時はスゥーと肌への浸透が良くてすぐにスベスベになりましたが、寒くなると乾燥肌になる私は物足りなかったです(´pωq`)

【エポラーシェ】ピューローションの良い評価の口コミ

とてもサラサラなテクスチャーなので、最初は保湿力を心配しましたが、すっごくお肌に浸透していきます♪
明らかに使う前と使い続けた肌の潤いが違います。私は3週間目辺りでもうすでに効果が出ています。

ちょうど毎月の肌荒れ期で、ここ最近で1番荒れていてお肌がデコボコ
毛穴や赤みも目立ち、肌荒れが酷く主人や友人に心配されるくらいでしたが
肌荒れが酷くても全く刺激を感じず、使用した翌朝からどんどん荒れたお肌が回復し
デコボコに荒れまくっていたお肌が、3日後にはつるんつるんでなめらかになりました。

2ヶ月に1本ペースで定期便を利用しています。
サラッサラのローションでローションパックにも丸。
香りもなく使いやすいです。

サラサラ質感なのにすっごい浸透力。
使えば使うほど潤って、感動です★

刺激も少なくって気に入りました!

手に出してみると分かりにくいのですが、キハダ樹皮エキスノお色で少しオレンジ色のローションになっています。

さらっとしたローションですが、お肌へのなじみが良く、とてもお肌への感触が優しいローションですね。

 

エポラーシェ・ピューローションの口コミまとめ

質感への満足度は高い

エポラージュのピューローションはさらさらとしたテクスチャーなので、脂性肌の人も快適につけられると質感の面では人気でした。ベタつきもないので使いやすく、美容液などを重ねやすいのも魅力的です。

肌荒れ改善も期待できる

さらりとしたテクスチャーで使いやすいので、油分過多によるニキビなども起こりにくく、肌荒れが改善されたという意見が多くありました。サラサラしているので物足りないという人もいますが、これは肌質や好みによって意見が分かれるでしょう。

乾燥肌の人は物足りなく感じることも

サラサラとした質感が魅力のピューローションオメガですが、さらりとしているが故に保湿力に満足できないという人もいます。特に乾燥肌の人は重ねづけをしても潤いを感じられないという意見も多かったです。冬場は肌が乾燥しやすいので、普通肌の人もプラスαのスキンケア用品を用意しましょう。

 

エポラーシェ・ピューローションは、こんな人におすすめ!

  • 肌の油分が多く、ニキビなどのトラブルが起こりやすい
  • ベタつくアイテムは使いたくない
  • 他のスキンケア用品と組み合わせて使いたい

まとめ

 
今回は、ピューローションオメガの化粧水についてその使用感や口コミなどを紹介してきました。この商品は保湿成分やエイジングケア成分などが豊富に含まれており、口コミでも人気の商品です。
 
しかしテクスチャーがサラサラであるが故に保湿力を感じられず、物足りなさを抱いてしまう人も少なくありません。
 
脂性肌や普通肌の人は比較的有効に使用することができますが、肌が乾燥しやすい人は注意が必要です。
 
しっかり潤いを与えたいという場合には、油分を含んだ美容液や乳液を混ぜたり重ねたりして使うようにしましょう。
 
自分の肌質に合わせて使うことで、効果的に役立てることができるでしょう。