身体の末端である爪。「美は細部に宿る」といわれるとおり、本当にきれいなひとは手先も美しいものです。
 
手の保湿に気をつかっても、爪の保湿は気にしていない…というひとも多いのでは?そこで今回は、ツヤツヤの美爪になれるネイルオイルについて詳しく紹介していきます。
 
爪が割れやすいひとやネイルが剥げやすいひとにもおすすめ。ネイルオイルで至近距離でもすきのない、美しい手先を手に入れましょう。
 

ネイルオイルとは?

爪をケアするネイルオイル

 
ネイルオイルとは、爪の甘皮部分を保湿し、うるおいを与えて健やかな状態にするものです。意外と知られていないですが、実は爪も皮膚の一部
 
肌同様に乾燥するので、爪の根もとをうるおすことでトラブルを起こしにくい強い爪となるのです。
 

lily

ネイルオイルはメーカーによって名前が異なり、ネイルトリートメントキューティクルオイルとも呼ばれています。個人的になじみ深いのはキューティクルオイルです。

ネイルオイルの効果とメリット

 
ネイルオイルの主な効果は保湿と栄養補給です。肌が硬化してできた爪は、手作業で酷使したり熱いお湯などでさらされると、水分が抜けて乾燥してしまいます。
 
肌にうるおいをあたえながら、栄養をチャージすることで、二枚爪さかむけなどのトラブルを防ぐ作用があるのです。
 
また、ネイルポリッシュやジェルネイルを長持ちさせる効果もあり、定期的につけることでツヤツヤの爪先が手に入ります。

ネイルオイルの種類

 
ネイルオイルには種類があり、マニキュアタイプロールオンタイプ筆タイプの3タイプが使われます。
 
マニキュアタイプはもっともオーソドックスで、ネイルをつけるように爪をうるおすことができます。容量があり扱いやすいので、自宅ケアにおすすめです。
 
ロールオンタイプは、香水のようにコロコロと動かすタイプ。テクニックも要らず片手で簡単に行えるのでネイルに塗り慣れていないひとにもおすすめです。
 
ペンタイプはペン先が筆上になっており、マニュキアやロールタイプでは出来にくい細部をピンポイントでケアすることが可能です。ポーチに入れてもかさばらないので、出先で活躍してくれるタイプといえます。
 

lily

自宅用、外出用とわけるのもおすすめ。自分の使いやすいタイプを見つけてみてください。

ネイルオイルの使い方

基本的な使用手順

 
 1.手や爪を清潔にする
 2.爪の根元、甘皮部分にオイルをつける 
 3.爪の側面にオイルをつける
 4.爪先オイルにをつける
 5.オイルを塗ったら手で揉みこむ

 
ネイルオイルは爪と皮膚の間に塗っていくのが基本です。特に根もとは爪が生成される部分なので、保湿しておくことで健やかな爪が成長してくれます。
 

lily

きちんと浸透するように、ただ塗るだけでなくしっかり揉みこんでおきましょう。

ネイルオイルを使うタイミング

 
ネイルオイルを使うタイミングは夜寝る前がベスト。寝る前はすべての作業が完了しているので、手を使う必要がありません。また、夜は爪が乾燥しやすいので、お風呂上りにつけてそのまま寝れるようするのがおすすめです。
 
手先を使う業種のひと、乾燥しやすいひとは日中に使うのもいいでしょう。とくにデスクワークは手先が乾燥しやすいので、休憩時に保湿ケアがおすすめです。

ネイルオイルのプラスケア

マッサージと一緒が◎

 
ネイルオイルを塗布した時は、一緒にマッサージする習慣をつけましょう。爪の根もとや側面、全体をくるくるとマッサージしながら揉みこむことで、母爪細胞の活性化にもつながります。
 
さかむけができやすいひとも保湿することでできにくくなり、爪の血行がよくなって血色のいいきれいな手先に見せてくれます。

ハンドクリームをつける

 
オイルケアしたあとはハンドクリームをつけるのも◎。指先をケアするタイミングで手全体もケアすれば、いつでもすべすべの手先でいられます。
 
ネイルオイルの栄養をハンドクリームで閉じ込めることでじんわりなじみ、より長時間の保湿効果が期待できるでしょう。しかし、時間がない時は単体ケアでももちろんOK。ネイルオイルがしっかりなじんで浸透してからつけるように注意してくださいね。

ネイルオイルの選び方

使いやすさで選ぶ

 
ネイルオイルの3タイプを紹介しました。持ち運びやすさでいえば、ペンタイプロールオンタイプがおすすめです。
 
また、メインの3種以外にもチューブタイプやスティックタイプなどもあったり、種類は意外と多くあります。外で使いたいというひとは、コンパクトで邪魔にならず、手軽にケアできるものを選びましょう。

好きな見た目、フレーバーで選ぶ

 
ネイルオイルは香りつきのものが多いので、ハンドクリームを選ぶように好きな香りで選ぶのもおすすめです。爪からいい匂いがすれば、リラックス効果や気分の向上にもつながります。
 
また、マニキュアタイプのものは他のタイプに比べると容器が大きいので、飾ってもかわいい見た目であることが多いです。自宅でのみケアするなら、見た目で選ぶのもいいでしょう。

ネイルオイルを使う時の注意点

 
ネイルオイルはハンドクリームの上からでは浸透率が下がります。きちんと効果をえるために、手を洗って清潔な状態にしてからケアするのが基本です。
 
せっかくオイルでケアしても、その後に家事や水仕事をしたら効果がムダになってしまいます。ネイルオイルケアは、何も作業をしなくていいときにおこなうのがおすすめです。扱いは通常のネイルやコスメと一緒。直射日光を避け、涼しい場所で保管してください。

まとめ

 
見逃しがちだけど、肌同様に乾燥しやすい「爪」。刺激に強く見た目が美しい爪を叶えるには、保湿ケアがおすすめです。
 
ポリッシュやジェルの長持ちにも効果的。美爪をつくるネイルオイルの正しいケアで、いつでも隙のないきれいな手先を目指しませんか?