ニキビができたら、手っ取り早く市販薬で治したいという方も多いと思います。しかし、薬局にはさまざまな種類の薬が並んでいるので、どれを選ぶべきか悩んでしまいますよね。
 
そこで今回は、市販で買える「フルコートf」のニキビへの効果についてご紹介します。
 
先に結論を言うと、フルコートfはニキビケアにはおすすめしません。
 

フルコートfについて

フルコートfは抗生物質を配合したステロイド外用剤

フルコートfは、田辺三菱製薬株式会社が製造販売元である市販薬で、第2類医薬品に分類されています。抗生物質を配合したステロイド外用剤で、大人の皮膚炎やかぶれに使用します。
 
フルコートfに似た薬として、「コートf AT軟膏」「コートf MD軟膏」「メディスキンコートf」があります。
 
主な違いとしては、「コートf AT軟膏」「コートf MD軟膏」は子どもや赤ちゃんに使える穏やかな効き目のステロイド外用剤で、「メディスキンコートf」は乾燥肌・乾皮症の治療薬です。

フルコートfの成分

フルコートfには、フルオシノロンアセトニド(合成副腎皮質ホルモン)フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質)が配合されています。
 
フルオシノロンアセトニドは優れた抗炎症作用をもち、湿疹や皮膚炎の炎症を抑えます。
 
市販されているステロイド外用剤の作用の強さは、弱いほうから「ウィーク」「マイルド」「ストロング」の3段階に分類されますが、フルオシノロンアセトニドはこの中でストロングランクになります。
 
もう一つの成分であるフラジオマイシン硫酸塩細菌感染を防いでくれます。

フルコートfの副作用・注意点

薬は間違った使い方をすると副作用があらわれる場合があります。使用する前に注意点を確認し、正しい使用方法で正しく治しましょう。

副作用

フルコートfを塗った後に次のような症状があらわれた場合、副作用の可能性があります。フルコートfの添付文書より引用します。

発疹・発赤、かゆみ、ただれ
みずむし・たむしなどの白癬、にきび、化膿症状、持続的な刺激感、白くなる

その場合はすぐに使用を中止し、病院を受診するなどしましょう。

注意点

フルコートfを広範囲に、大量に使用すると副作用があらわれる可能性があります。また、次の部位には使用しないでください。

  • 水ぼうそう、たむし・みずむし等のある患部
  • 湿潤やただれのひどい患部
  • 目や目の周り

フルコートfの使用期間は5~6日を目安とし、症状に改善がみられない場合は医師や薬剤師などに相談しましょう。1週間以上の長期連用はしないでください。
 
通常は1日2回(症状がひどいときは1日3回)塗布し、症状に改善がみられはじめたら回数を減らしていきます。推奨されている塗布回数より多く塗ることは避けましょう。
 
フルコートfを強くすり込むように塗るとかえって刺激になってしまうので、優しく広げるようにします。患部以外の皮膚には塗布しないように注意してください。

フルコートfは炎症ニキビやニキビ跡に効果ある?悪化する可能性は?

ニキビ薬としてはおすすめしない

「フルコートfは炎症ニキビに効く」という噂がありますが、実際はどうなのでしょうか?製造販売元である田辺三菱製薬株式会社に直接問い合わせてみました。
 
「フルコートfは炎症ニキビにも効果ありますか?」と質問したところ、「ニキビ治療としてフルコートfを使用するのはおすすめしない」との回答をいただきました。
 
ニキビにはやはりニキビ治療薬を使用したり、医師に相談するほうがいいとのこと。またフルコートfはステロイド外用剤であるため、安易な自己判断は避けたほうがいいそうです。
 
フルコートfの添付文書には、顔面への使用について特に注意するように記載されています。
顔の広範囲に長期間使用すると、逆にニキビや吹き出物ができてしまうことがあります。顔面など皮膚が薄い部位は薬剤の影響を受けやすいので、慎重に使用する必要があります。
 
そういった点を考えると、やはりニキビにはニキビ治療薬を使用したほうが安心でしょう。

フルコートf+絆創膏でニキビが治るという噂の真偽は?

絆創膏によって薬をしっかり密着させることができる

ネット上ではさらに「フルコートfを塗った後に、絆創膏を貼ると効果がアップする」という噂もあります。
 
先ほど説明したように、フルコートfをニキビに使用することはおすすめしませんが、絆創膏を貼ることには意味があります。
 
絆創膏を貼る密封療法によって、薬をしっかり密着させることができ、外部からの刺激もブロックできます。ニキビができているとついつい触ったり、潰したりしがちですが、絆創膏を貼ることによって防ぐこともできます。
 
ただし、ニキビができている肌は非常にデリケートな状態です。絆創膏を貼るときには、患部に刺激を与えないように注意しましょう。

mai

絆創膏の代わりに、通気性の良いガーゼを使用してもOK。ニキビパッチという専用の商品もあるので、絆創膏を使うことに不安がある方におすすめですよ。

フルコートfはどんな症状に効果があるの?

化膿をともなう湿疹や皮膚炎など

フルコートfの効能について、田辺三菱製薬の公式サイトでは次のように記載されています。

● 化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、じんましん
● 化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)

とびひは、ブドウ球菌や溶連菌などが原因で起こる皮膚の感染症です。めんちょうと毛のう炎は、黄色ブドウ球菌などが毛穴に入り込むことによって起こります。めんちょうとは顔にできるものを指します。
 
本来、化膿した患部にステロイド剤を使用すると逆効果になってしまうのですが、フルコートfはフラジオマイシン硫酸塩という抗生物質を配合しているため、化膿した患部にも使用することができます。

まとめ

ドラッグストアなどで気軽に購入することができるフルコートf。湿疹や皮膚炎の治療薬として非常に頼れる存在ですが、ニキビにはやはりニキビ治療薬を使用しましょう。
 
ステロイド外用剤は、正しく使用すれば“こわい薬”ではありません。どんな薬でも必ず用法・用量を守り、注意点や副作用について理解したうえで使用することが大切。
 
市販薬の選び方が分からない場合は、薬剤師や登録販売者に必ず相談しましょう。

ニキビケアに評判の化粧品をレビュー