健康な肌や髪の毛、女性らしさ、生理、妊娠、出産など女性の美容と健康に重要な働きをする女性ホルモン
 
いつまでも若々しく綺麗でいたい」と思う女性にとって欠くことのできないものですが、加齢やストレス・ダイエットによる栄養不足などが原因で減少しがちです。

  • 女性ホルモンの働きって?
  • ホルモンバランスを整える方法は?
  • 女性ホルモンは食べ物で増やせる?

すべての女性と切ってもきれない女性ホルモンのバランスを整えるためにおすすめの対策や方法をまとめてご紹介します。

女性ホルモンと女性のリズムの関係基礎知識

生理前になるとイライラする、吹き出物がでやすい、むくみやすいなどの体調の変化が生じやすくなることはないでしょうか?
 
女性の身体や心、肌の調子などは毎月の生理周期に合わせた女性ホルモンバランスの変化に影響を受け変動します。
 
そんな女性の身体に大きな影響を与える2種類の女性ホルモンについてわかりやすく解説します。

エストロゲンとプロゲステロンの主な特徴を比較

エストロゲン プロゲステロン
多くなる時期 生理~排卵(低温期) 排卵~生理(高温期)
主な役割 女性らしさを保つ 妊娠を維持する
身体の調子 肌の調子がよい・ダイエットに最適 むくみ・肌荒れ・イライラ

エストロゲン(卵胞ホルモン)

女性らしさを作りだしてくれるため別名美人ホルモンとも呼ばれます。
 
子供から女性らしい身体になる第二次性徴もエストロゲンの働きによって起こります。
 

  • 肌や髪の毛をつやつやにする
  • 女性らしい身体づくりをサポート
  • 骨密度を維持、骨粗しょう症予防
  • 自律神経を整える

など女性にとってうれしい効果がたくさんです。
 
エストロゲンが優位になる生理後~排卵までの時期代謝もよく脂肪が燃焼しやすいのでダイエットに最適の時期といえます。
 
生理後~排卵までをピークに、肌のバリア機能も上昇し肌の調子を全体的に底上げしてくれる点もエストロゲンの魅力です。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

妊娠と非常にかかわりの深いホルモンで、妊娠を維持しやすくするために身体に水分をため込む性質があります。
 
そのため排卵~生理前の時期はむくみや肌あれが生じやすくなります

  • 体に水分を維持する
  • 妊娠を維持する
  • 基礎体温を高く保つ
  • 乳腺を発達
  • 子宮内膜を整える

エストロゲンは加齢に伴い減少する

女性らしさとかかわりの深いエストロゲンの分泌量は、卵巣機能の低下によって40歳を過ぎるころから急減します。
 
急激なエストロゲンの減少に身体がついて行けずホルモンバランスが崩れます。
 
40~50代前半の女性には更年期障害と呼ばれるイライラ・急な発汗・のぼせなど様々な身体の不調が生じるのはそのためです。
 

最近では、ストレス・極端なダイエット・不規則な生活などが引き金となり、更年期前の30代のプレ更年期から生理不順や月経の停止などの若年性更年期障害を訴える人も急増しています。

yumi

エストロゲンの急減対策をしっかりすることが更年期を乗り切るために大切です。

女性ホルモンバランス増やす食生活のポイント

普段の食生活にも女性ホルモンバランスを乱す要因があります。思い当たる方は改善するよう気を付けましょう。

-女性ホルモンバランスが整うメリット

女性ホルモンはとてもデリケートなので、ストレスや疲労、栄養バランスの偏りなどが原因で崩れてしまうこともあります。
 
不足しがちなエストロゲンを増やし、女性ホルモンバランスを整えることは、心と体にたくさんのメリットがあります。

  • 肌トラブル軽減
  • PMS(生理前の体調不良)軽減
  • 更年期障害軽減
  • 妊活しやすい身体に

ダイエット中は栄養の偏りに注意

過度な食事制限ダイエットを行うと、栄養バランスが悪くなり、女性ホルモンの材料となるたんぱく質や脂質も不足しがちです。
 
また、人間の身体は栄養分が不足すると、生命にかかわる臓器から優先的にエネルギーが使われるため、卵巣など生殖機能は後回しになりホルモンバランスが崩れやすくなります。

yumi

ダイエットを始めてから生理不順になった・・そんな方は食生活を見直ししましょう。

冷たいもののとりすぎに注意

冷たい飲み物や食べ物とりすぎると、身体が冷え多くの女性を悩ませる冷え性の原因になります。
 
冷え性によって代謝が悪くなると、血の巡りが悪くなります。自律神経の働きに支障をきたし、卵巣機能の低下につながります。
 
卵巣機能の低下によってホルモンバランスの乱れが生じ、生理痛や生理不順などの原因になるリスクもあります。
 
また、自律神経が乱れ体温調整がうまくいかなくなるため妊娠しにくい体質になってしまうこともあります。妊活中の方は特に冷え性を改善できるよう意識しましょう。
 

女性は毎月の生理によって身体から血液の材料となる鉄分が大量に失われるため、男性より冷え性になりやすいと言われています。

yumi

鉄分はもともと不足しがちな成分なので積極的に補うようにしましょう。

インスタント食品・ジャンクフードの添加物に注意

インスタント食品やジャンクフードに多く含まれる化学調味料・添加物は体内に必要なミネラル分を奪い自律神経の働きに悪影響を及ぼします。
 
忙しくてコンビニ食や外食が多くなりがちな方は、なるべく野菜や肉・魚などバランスよく取り入れられるメニューを選ぶなど栄養バランスが偏らないよう意識するようにしましょう。

女性ホルモンを増やすおすすめ食べ物

女性ホルモンの分泌を増やすのに効果があるとされている食材をご紹介します。是非毎日の食事に取り入れて女性ホルモンバランスを整えるサポートをしましょう。

大豆イソフラボン


女性ホルモンと似た働きをするとして有名なのが大豆に含まれるポリフェノールの一種大豆イソフラボンです。
 
エストロゲンと化学構造が似ているので別名植物性エストロゲンとも呼ばれる成分です。

  • 月経不順解消
  • コレステロール抑える
  • 更年期障害緩和
  • 骨粗しょう症予防
  • 血行促進乳がんリスク軽減

ホルモンバランスの乱れが原因の身体のたくさんの不調を緩和してくれるので、女性には是非積極的に摂取してほしい成分です。
 

大豆イソフラボンは、腸内でエクオールと呼ばれる女性ホルモンと似た成分に変換されることでパワーを発揮することが解明されています。
 
日本更年期医学会は体内のエクオール量が多い人ほど更年期障害が軽いとのデーターを発表しています。
 
腸内環境を整える発酵食品や食物繊維もイソフラボンと合わせて摂取しましょう。

大豆イソフラボンの過剰摂取はNG?

大豆イソフラボンは女性の美容と健康をサポートしてくれるうれしい成分の反面、過剰摂取には注意が必要です。
 
ほてりや子宮内膜症・乳がん発症リスクが上がるなどの副作用が生じる場合もあるからです。
 
閉経前の女性が過剰摂取すると、脳がエストロゲンが多く分泌されていると勘違いし、もともと減少しているエストロゲンの分泌がさらに少なくなってしまうリスクも。

1日当たりの安全なイソフラボン摂取量の上限は70~75㎎とされ、特定保健用食品(トクホ)から摂取する場合は30㎎が上限値に設定されています。

普段の食事から豆腐や大豆製品を多めに摂取しているくらいでは過剰摂取にはなりませんが、トクホやサプリから摂取する場合は、成分配合量をチェックしましょう。

マグロ・カツオ


マグロ・カツオにはビタミンB6が豊富に含まれています。
 
ビタミンB6エストロゲンの代謝にかかわる成分で、多く摂取することで女性ホルモンバランスを整える作用があります。

yumi

女性ホルモンの材料となるたんぱく質・不飽和脂肪酸も豊富なので是非積極的に摂取しましょう。

ビタミンE

ビタミンEは、女性ホルモンの材料となり、エストロゲンの分泌を高める作用もあります。
 
また卵巣に直接働きかけホルモンの分泌をコントロールする働きもあります。
 
アーモンドやピーナッツ・くるみなどのナッツ類、モロヘイヤかぼちゃなどに多く含まれます。
 
ホルモンバランスを整えるだけでなく、抗酸化力が高くアンチエイジング効果も絶大な成分なので、美容と健康のために是非積極的に摂取しましょう。

アボカド


美容効果の高さで有名なアボカドには女性ホルモンバランスを維持するために重要な成分が抜群に多く含まれ子宮のフルーツとも呼ばれます。
 

アボカドの栄養素と女性にうれしい効果

  • ビタミンE・・・ホルモン分泌コントロール、活性酸素を除去
  • ビタミンB6・・・ホルモンバランス整える
  •  

  • 葉酸・・・新たな細胞生成をサポート
  • 食物繊維・・・腸内環境を整える
  • カリウム・マグネシウム・・・貧血・冷え性予防
  • ビタミンC・・・抗酸化力が高く身体の老化を防ぐ、コラーゲンの生成サポート
yumi

カロリーが高く、脂質が多めなので、食べ過ぎには注意。一日半分くらいで十分な栄養が摂取できます。

【女性ホルモン力UP】アボカド納豆の効果と作り方

納豆とアボカドを合わせたアボカド納豆は、大豆イソフラボンからエクオールを作り出すパワーを引き出す更年期障害対策最強フードとして度々テレビで取り上げられています。
 

発酵食品で食物繊維が豊富な納豆と、女性ホルモンバランス維持成分が豊富なアボカドエクオールを産生し女性ホルモンを増やす最強の組み合わせです。

アボカド納豆の作り方


【材料】
・納豆1パック
・アボカド半分
・レモン汁大さじ1
・醤油 大匙1

 
【作り方】
①アボカドの種を取り除き、果肉をすくう。
 
②果肉を食べやすい大きさにカット、レモン汁を振っておく
 
③納豆、しょうゆとよく混ぜる

 
アボカド納豆に、女性ホルモンの材料となる良質なコレステロールを含んだ卵黄、抗酸化作用のある玉ねぎスライスを加えて食べるのもよいですよ。

yumi

とっても簡単に作れるので是非作ってみてくださいね。

女性ホルモンを整えるおすすめサプリ

身体の内側から上手に女性ホルモンを増やすサポートをしてくれるサプリメントを取り入れるのも、簡単に続けられ、習慣化しやすいのでおすすめです。
 

エクエル(エクオールサプリ)


大豆イソフラボンは腸内細菌の力でエクオールという成分に変化し、女性ホルモンと同様の働きをします。
 
大塚製薬のエクエルは、1日4粒飲むだけで40代以降の女性が美容のために摂取したい10㎎のエクオールをしっかり補うことができます。
 

  • 食品から大豆イソフラボンを摂取するより効率がよい
  • 一日当たりの成分量は厚生労働省設定の上限値範囲内
  • 病院の婦人科でも取り扱いがある

エクオールサプリは多数ありますが、エクエルは多くの婦人科でも女性ホルモンサポートサプリとして取り扱いのある信頼度の高いサプリです。

TP200【体験レビューあり】


自律神経、女性ホルモンのバランスを整え女性本来のもつ身体の機能を引き出すパワーで注目されているプラセンタは、婦人科の更年期治療にも使用されています。
 
ヒトや馬、豚などの胎盤由来の成分なので食べ物から補うことはできませんが、サプリメントや医療機関での注射による皮下投与、ドリンクなどで補うことが可能です。
 
TP200は、国産サラブレッド由来で安全性の高いプラセンタを100%使用した、馬プラセンタ売上ナンバー1のサプリです。

  • 栄養価の高い馬サラブレッド100%
  • 副作用がほとんどない
  • ホルモンバランスを整えると同時に肌の調子もよくなる
  • コスパがよい
  • 国産原材料で安心

TP200はこの点が非常に魅力的なので、30代以上でホルモンバランスの乱れが気になる女性に是非取り入れてほしいサプリです。

yumi

品質・値段のバランスが他を圧倒しているので、プラセンタサプリを初めて試す方にはおすすめです。

TP200を実際に使ってみた感想

飲み続けて半年になりますが、結論からいうと生理前のひどいPMS解消に効果を実感できました!
 
40歳を過ぎた頃から生理前の下腹部の重さイライラなどPMS症状がひどくなり生理周期も乱れてきたのでこのまま更年期障害になったらどうしよう・・と不安に悩まされるようになりました。
 
なるべく副作用なく自然にホルモンバランスを整えたくて色々調べた結果、TP200に決めました。

原材料を見てみるとわかるように一般的なサプリに多く含まれる飲みやすくするための添加物不使用です。HPMCというのは、カプセル部分に使用されている植物由来の安全素材です。
 
プラセンタの鮮度を保つため1回分1粒づつ個包装されています。

気になるのは味やニオイですが・・無臭ですが、そのまま口に含むと獣くさい独特の感じは正直あります。
 
口の中に最初に水を含む→その後カプセルを口に含む 
 
この順番で飲めば獣くさい感じは一切なくなりすごく飲みやすくなります。
 
最初の数週間は正直特に大きな変化を感じることはなかったのですが、ホルモンバランスの周期を整えるためには最低3か月は続けたほうがよいとのことだったのでそのまま継続してみました。
 
飲み始めて2か月ぐらいしたころからとにかく生理前の不快で大変だった症状が軽くなりました。
 
その後、飲み続けて半年ほどになりますが

  • 生理前のPMSが軽くなった
  • 生理周期が安定した
  • 突然イライラすることがなくなった
  • 暑くないのに汗が出てくることがなくなった

とにかくすごく体調が安定し、夫にも「最近イライラしなくなったね」といわれるほどになりました。また、生理前によくできていた口回りのブツブツもできにくくなりました。

yumi

一日1粒飲むだけで本当に手軽で、副作用もありません。
年齢からくるホルモンバランスの乱れに悩む女性には、是非TP200を試して欲しいです。

まとめ

生理周期に合わせて変動する女性ホルモンのバランス変化に合わせ女性の身体も変化します。
 
年齢とともに女性ホルモンは減少するので、放っておくとひどい更年期障害に悩まされる原因にもなります。
 
女性ホルモンを増やしバランスを整えてくれる食べ物やサプリメントを上手に活用して内側から健康で美しい身体づくりを目指しましょう。