お肌が敏感になってしまうと、丁寧にやさしくお肌を労わりながらお手入れするので、いつもより少し時間がかかります。お手入れ工程の中で、どこかで時短ができるなら試してみたいと思いませんか?

 

乾燥性敏感肌を考えるブランド キュレルから発売されている洗顔は、フォームタイプなので泡立てる時間をカットできます

 

このキュレルの泡洗顔料は、一体どこまで皆様を美肌へと導いてくれるのか、成分分析を踏まえてしっかり検証していきたいと思います。少しでも皆様のキレイのお役に立てれば幸せです。では、さっそく詳しく見ていきましょう!

キュレル 泡洗顔料の良いとこズラリ!

  • 泡で出てくるフォームタイプ
  • 「セラミド」を守って洗う
  • 無香料・無着色・弱酸性・アルコールフリーで低刺激
  • 医薬部外品

キュレル 泡洗顔料ってどんな化粧品?


 
乾燥性敏感肌に不足しやすいうるおいを守りながら洗うのが、キュレル泡洗顔料です。毎日の洗顔で流れ出てしまいがちな「セラミド」を守りながら洗い、さらに消炎効果のある薬用成分で肌荒れを防止してくれます。

徹底分析!!キュレル 泡洗顔料の気になる有効成分


ではさっそく、気になる有効成分を詳しく見ていきましょう。

気になる成分その1・ラウロイルアスパラギン酸Na液

低刺激で弱酸性のアミノ酸系アニオン界面活性剤です。脱脂力はそこまで強くありませんが、起泡性が高いのが特徴です。

miyuki

起泡性が高いという特徴を活かして、フォームタイプの洗顔に配合しているのですね。お肌にやさしい弱酸性で低刺激なのもポイントですね。

気になる成分その2・ラウリルヒドロキシスルホベタイン液

こちらも起泡性が高い、低刺激の界面活性剤の一種です。他の界面活性剤との相性も良く、洗浄力も比較的高めの成分です。

miyuki

こちらもフォームタイプの洗顔に欠かせない成分のようですね。後でしっかり泡立ち具合をチェックしたいと思います。

気になる成分その3・PEG6000

ポリエチレングリコールの略称がPEGで、合成ポリマーです。水に良く溶ける性質があり、乳化補助目的や柔軟基材として使用されます。分子量が大きいと刺激が少なくなるので、この成分は乾燥性敏感肌にピッタリの低刺激成分だと言えます。

気になる成分その4・マルチトール

還元麦芽糖とも呼ばれる成分で、マルトース(麦芽糖)を還元して得られます。グルコースとソルビトールが結合した2糖類の糖アルコールですが、グリセリンやソルビトールのように湿度の変化による水分の吸収や放出が少ないので、水分を一定に保つ保湿性に優れています

キュレル 泡洗顔料実体験レビュー

それではさっそく試してみたいと思います。白とアクアブルーの清潔感を感じるデザインの箱に今回のお目当てのアイテムが入っています。
 

箱全体はフィルムで覆われており、未開封なことが確認できます。そのフィルムも開封しやすいように、シルバーのライン入りで分かりやすくなっています。
 

箱を開けてみると、箱の横からミシン目にそって開封出来るようになっていました。
 

さっそく開いてみると、キュレルブランド製品のお手入れラインナップが記載されていました。特に箱を開けてまで見るような情報はありませんでした。
 

では気になる洗顔本体を見てみましょう。今回の洗顔は、泡で出てくるタイプの洗顔なので、もちろんポンプタイプの容器ですね。
 

ボトルにはストッパーが付いています。誤ポンプを避けられるし、持ち運びする際にも役立つのでとても好印象ですね。
 

ボトルの裏には太文字で、「容器を振らず、傾けて使用しないよう」にと注意書きがあります。泡にならないことがあるようですね。
 

注意事項を守りながら、手のひらにだしてみました。使用量はポンプ2押し分ということです。写真はポンプ1押し分の量です。
 

miyuki

ポンプするだけで簡単に泡が出来上がるのは、配合成分であるラウロイルアスパラギン酸Na液ラウリルヒドロキシスルホベタイン液が泡の形成に一役かっているからですね。


泡自体はそこまで弾力があるわけではありませんが、ポンプ式の泡としては、まあまあキメの細かい泡かなという所です。
 

しっかりと洗い流していきます。
 

洗いあがりは、ツッパリ感がなくしっとりとした洗いあがりです。キュキュッとしたさっぱり感のある洗いあがりが好きな方にはいまいちな洗いあがりでしょう。
 

実体験レビューまとめ

実際に顔で使用してみた率直な感想をまとめてみました。

とてもよかった!

忙しい時に時短ができる

よかった!

泡がとても滑らかで肌あたりがいい
洗いあがりがつっぱらない

ぼちぼちと残念。。

泡がへたりやすい
×コスパが少し悪い

以上が実体験レビューのまとめです。ではここで他の皆様はどのような感想をお持ちなのか、チェックしてみましょう。

キュレル泡洗顔のみんなの口コミ紹介

~良かった・気に入った編~

ここ2年くらい家族共用で使っている洗顔料です!
肌が弱い私の家族も問題なく使えています◎
さすがキュレル…!!!
泡で出てくるので急いでいる朝も助かります、時短!笑

調子の悪いときはキュレル様々です。
「セラミド」を守ってうるおいを奪わず、汚れなどをきれいに洗い流してくれます。
もっちりとした泡というよりは柔らかめの泡です。
洗い上がりがしっとりしてます。
消炎剤(有効成分)配合。

今2本目をリピートしていて、
初めて購入したのは乾燥による皮むけなどが気になり2月頃に購入しました
使用方法は、
・2プッシュ( 2ml )程手に出す
・顔になじませ優しく洗う
・水かぬるま湯で洗い流す
ポンプ式なので泡立てるという作業がなく出してすぐ使えて楽チンです☆
朝は時短にもなってそこもお気に入りのポイントです
使い心地としては保湿を重視とする洗顔料は、洗顔料特有の洗顔後のスッキリ感がなくなってしまう感じがしていたのですがこちらそんな事ありませんでした
洗った後はサッパリするのに肌がツッパる事もなく好きです
洗顔?クリームまでキュレルで統一するようになり、
洗顔の効果かどうかは分かりませんが化粧水が入り込みやすくなった感じがします
私は子供の頃から病院に行くレベルの乾燥肌で、
今も冬になると保湿しても顔の皮が向けてしまったり本当に悩んでいたのですがキュレルを使う事で随分良くなったと思います( ; ; )
季節があったくなってきたというのもありますが今年の冬に改めて使ってみるのが楽しみです
なのでリピもします!

~残念・ぼちぼち編~

2.3度リピートしました。
泡は粗めでへたりやすく感じました。
合わない洗顔料を使うと赤くなったりヒリヒリしてしまいますが、こちらはそのようなトラブルもなく使うことができました。
泡で出てくるタイプなので時短にもなりますし楽だったのでなんとなくリピートしていましたが、1度に何プッシュもすることでコスパが良いとも思えず、特別これじゃなくてもいいかなと思い始めてからは別のものを使用しています。

ポンプ式で本当に楽で、何年か使用していました。
乾燥肌なのでピリピリとした使用感もなく
優しい洗い上がり。
しかし30代になり、
クレンジングと洗顔から見直そうと思い違う洗顔料を使用して気づきました。
こちらの洗浄力が弱いこと。
泡が粗いこと。きめこまやかではない。
なので、お別れの時がきました、
今までお世話になりました!
けどポンプ、本当に楽。

肌が敏感に傾き、いつも使用していた洗顔料がちょっと合わなくなったので購入。
泡で出てくれるのは良いけど、すぐヘタレます。
2プッシュとなってますが、足りない。3プッシュして肌にのせても泡がすぐに潰れるのでイマイチな感じ。
1か月くらい使用して、まだ残ってますが、固形の洗顔料で良さ気なのを見つけたので、使い切ったら多分、もう買わないです。
期待してただけに残念。

口コミ引用元すべて:@コスメ

口コミSum-up

アットコスメでの口コミ件数372件、総評4.2となっています。全体的に特に悪い印象もなければ、特別に良い印象もないといった感じです。

泡ででてくるという点が、時短になって気に入っているという方が多くいらっしゃるように見受けました。が、その泡がへたりやすいという点が気に入らないという方も多くいらっしゃるのも事実です。

対処法としては、少し多めにポンプして泡の量を増やして使用してみてはいがかでしょうか。コスパ的には少し悪くなりますが、そこまでお値段の高いアイテムではないので、妥当な対処法ではないかと思います。

じゃあ、どんな人におすすめ?

  • お肌に優しい洗顔をお探しの方
  • 洗顔を泡立てるのが苦手な方
  • お手入れ時短アイテムをお探しの方

時短もできる敏感肌用洗顔


キュレル 泡洗顔料は、ポンプをプッシュするだけで滑らかな泡が出てくる時短も出来るお手入れアイテムです。
 
お肌に優しい滑らかな泡が「セラミド」を守りながら洗い上げてくれるので、敏感になっているお肌にも使用する事ができます。お肌が揺らぎやすい時期様にストックしてみてはいかがでしょうか。