女性・男性関係なく悩んでいる方が多いのが「ニキビ」。ニキビは肌悩みの中でも特に厄介で、潰したり、正しいケアをしていないと、跡になって残ってしまいます。
 
ニキビ跡にはいくつか種類がありますが、その中でも赤みタイプは正しくケアをすれば消すことができます。
そこで今回は、ニキビ跡の赤みを消す方法についてご紹介します。

ニキビの赤み(跡)が残る原因

主な原因は炎症の悪化

ニキビ跡が残る原因はずばり、「炎症の悪化」です。ニキビの種類にはいわゆる「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」とよばれるものがあります。
 
白ニキビ黒ニキビは炎症が発生する前のもので、初期段階のニキビといえます。この初期段階の時点で適切なケアをせず悪化させてしまうと、炎症を起こす赤ニキビ、炎症が進んで膿をもった黄ニキビへと変わっていきます。
 
この炎症によって皮膚組織がダメージを受けると、ニキビ跡が残りやすくなるのです。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類には次のようなものがあります。

  • 赤みタイプ
  • シミタイプ
  • クレータータイプ

ニキビが治ったように見えても肌の奥に炎症が残っていたり、ダメージ部分を修復するために毛細血管が増えることによって赤みのあるニキビ跡が残ります。
 
また、ニキビ部分に炎症が起きると、肌の細胞を守るためにメラニン色素が増加します。通常このメラニンは、ターンオーバーによって排出されますが、ターンオーバーが正常に行われないと色素が残ってしまい、シミのようなニキビ跡が残ります。
 
さらに、ニキビの炎症が悪化したり、化膿して重症化すると、肌の奥にある真皮層にまでダメージが及んでしまい、クレーター状のニキビ跡が残ります。
 
クレーター状まで進行してしまうとケアは非常に難しくなりますが、比較的軽い赤みタイプならセルフケアで消すことが可能です。

炎症を悪化させるNG行動

ニキビ跡を残さないためには、ニキビを作らないことが基本です。万が一ニキビができてしまったら、悪化させないように注意しましょう。ニキビを悪化させてしまうNG行動には以下のようなものがあります。

  • ニキビを触ったり、潰してしまう
  • ゴシゴシ洗顔したり、パックによって刺激を与えてしまう
  • コンシーラーやファンデーションを厚塗りする
  • 適切なケアをせず、ニキビを放置する

ニキビができたらこのような行動に注意し、早めにケアすることをおすすめします。
 

mai

ニキビが気になるからといっていじってはダメ! 油性のリキッドファンデーションは毛穴を塞ぎやすいのでできるだけ避けましょう。

ニキビ跡の赤みを消す方法~セルフケア編~

ターンオーバーを正常にする

肌の生まれ変わり=ターンオーバーを正常にすることが基本となります。ターンオーバーとは、新しい細胞が作られてからはがれ落ちていくまでのサイクルのことです。このターンオーバーにより表皮が新しく生まれ変わることで、ニキビ跡も少しづつ薄くなっていくのです。
 
しかし、年齢や紫外線などの影響によってターンオーバーのサイクルが乱れると、ニキビや肌荒れの原因になり、新たなニキビ跡ができてしまう可能性も。ターンオーバーを正常にするためには、バランスのとれた食事十分な睡眠定期的な角質ケア紫外線対策しっかりとした保湿が重要になります。

市販アイテムで赤みを消す場合

市販のアイテムを使って赤みを消す場合は、「ビタミンC誘導体」や「グリチルリチン酸」配合のものを選びましょう。朝晩のスキンケアに取り入れるだけなので、一番簡単なセルフケアといえます。
 
ビタミンCには抗酸化作用があるため、活性酸素を除去してニキビの炎症を抑えてくれます。さらに、色素沈着の原因となるメラニンの生成抑制や、コラーゲンの生成を促進する働きがあります。
 
グリチルリチン酸には強い抗炎症作用があるため、赤ニキビの炎症を抑えてくれます。

ビタミンC誘導体たっぷりの化粧品

ピーリング

ピーリングとは、AHAやサリチル酸など酸の力によって古い角質を剥がすケアのことで、ターンオーバーを整える働きがあります。
 
美容液やローションタイプなどさまざまなピーリング化粧品が市販されているため、クリニックに行かなくても自分で行うことができます。

化粧下地やコンシーラーで簡単に消す場合

セルフケアをはじめたからといって、すぐに赤みが消えるわけではありません。その間どうしても気になるという場合は、メイクで上手に隠しましょう。
 
メイクで隠すといってもファンデーションを厚塗りするのはNG。赤の補色になるグリーンの化粧下地を使用してさりげなくカバーします。ニキビ跡の赤みが気になる部分にだけのせましょう。
 
コンシーラーを使用する場合は、カバー力の高いスティックタイプか、色を調整できるパレットタイプのコンシーラーがおすすめ。
 
ニキビ跡の赤みよりやや大きめにコンシーラーをのせ、周りを丁寧にぼかします。最後に軽くパウダーをはたけば、自然にカバーすることができます。

ニキビ跡の赤みを消すセルフケアの注意点

オロナインH軟膏など市販薬の効果について

「ニキビ跡の赤みにはオロナインが効く」という噂がネット上に出回っていますが、オロナインH軟膏は「クロルヘキシジングルコン酸塩」を主成分とする殺菌・消毒の医薬品です。
 
効果・効能として「ニキビ」と記載されているためニキビに対する殺菌作用は期待できますが、ニキビ跡の赤みに対する効果はありません。
 
他の市販薬もあくまでニキビの悪化を防ぐものであり、ニキビ跡を消したり、改善するような効果は期待できません。

刺激を感じた場合はケアを中止する

ピーリングは刺激が強いため、週1回を目安にしましょう。ピーリング化粧品のラベルに記載されている使用方法を確認し、必ず守るようにしてください。ピーリング後は乾燥しやすいため、いつも以上に丁寧に保湿ケアをしましょう。

ニキビ跡の赤みを消す方法~皮膚科・クリニック編~

イオン導入

イオン導入とは、微弱な電流によって美容成分を皮膚の深部まで浸透させるケアのことです。導入する成分によって効果は変わりますが、ニキビ跡には主にビタミンCを使用します。肌にただ塗布するよりも数十倍の浸透力があり、高い効果を得ることができます。
 
クリニックではケミカルピーリングの後にイオン導入を行うことも多く、あらかじめ古い角質を取り除いておくことでより浸透力が高まります。

レーザー・光治療

ニキビ跡の赤みには、レーザーや光治療(IPL)も有効。光治療(IPL)は光を照射することによりアクネ菌を殺菌したり、赤みに反応してニキビの赤みを軽減する効果があります。
 
ニキビ跡の治療に使われるレーザーには、コラーゲンの生成を促すジェネシス」や「フラクショナルレーザー」などをはじめ、さまざまな種類があります。
赤みだけでなく、クレータータイプなどニキビ跡の種類や目的に合った治療が行われます。

処方薬

ニキビ跡の治療として処方される薬には「ハイドロキノン」などがありますが、これは主に色素沈着に効果があります。
 
ニキビ跡の赤みに対しては、アクネ菌を殺菌して炎症を抑えるダラシン」や「アクアチム」などを使用します。また、ニキビの進行を防ぐために「ディフェリンゲル」が処方されることもあります。

まとめ

今回は、ニキビ跡の赤みを消す方法をご紹介しましたが、ニキビ跡の原因となるニキビそのものを作らないということがとても重要です。
 
セルフケアや生活習慣を見直し、それでもニキビやニキビ跡が良くならないという場合はクリニックや皮膚科に相談することをおすすめします。
 
ニキビ跡のない美肌を目指して、正しいケアをはじめましょう!

ニキビケアに評判の化粧品をレビュー