女性の肌悩みでとても多いニキビですが、スキンケアを頑張ったり・食生活に気を配っても一向に良くならず悩んでいませんか?
 
ニキビの予防・改善には自分のニキビの種類や段階、その原因を知り適切なケアをすることが大切です。
 
間違えたケアはかえって症状を悪化させることもあります。

  • ニキビにはどんな種類と原因があるの?
  • ニキビの進行度別のケアは?
  • 顔以外の背中ニキビのケア方法は?

ニキビに悩む方は、まずは自分のニキビのタイプや段階をチェックしてみてください。
 
すぐできる簡単ケア方法をわかりやすくまとめていますので、是非お手入れの参考にしてみてください。
 
今すぐチェックして、ニキビに悩んでいる方はお手入れの参考にしてみてください。

【年代別】ニキビの種類とすぐできるホームケア方法

ニキビにはには大きくわけて「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の大きく分けて2つの種類があります。2つの違いをわかりやすく比較してみました。

 思春期ニキビ  大人ニキビ
年齢     10代 20代~
主原因 皮脂の過剰分泌 ストレス・乾燥・ホルモンバランスの乱れ
できる場所 顔全体 特にTゾーン Uゾーン(あご・ほほ)
特徴 第二次成長期が終わるとおさまる 繰り返しやすく、跡になりやすい

思春期ニキビとは?

思春期ニキビは過剰な皮脂が原因

思春期ニキビはその名の通り10代の成長期に、皮脂の過剰分泌が原因でできるニキビです。

過剰な皮脂分泌→排出されず皮膚に残る→酸化し毛穴に詰まる→詰まった毛穴にニキビの原因菌「アクネ菌」繁殖→赤く炎症
 

このような流れでニキビができます。
 
思春期には身体が急成長するため成長ホルモン(男性ホルモン・女性ホルモン)が増加します。
 
成長ホルモンには皮脂分泌を促進する効果もあり、そのため思春期には多くの人がニキビに悩まされます。
 
また、思春期は感受性が豊かな時期でもあり、友人関係・部活・勉強など、ささいなことがストレスになりホルモンバランスが乱れニキビを悪化させることもあります。
 

思春期ニキビの特徴

皮脂腺の多い、Tゾーンを中心に顔全体に赤く炎症した大きなぶつぶつができやすいのが特徴です。

思春期ニキビの簡単ケア方法

思春期ニキビケアは

  • 正しい洗顔
  • 炎症がひどいときは皮膚科を受診

この2つが重要です。
 
洗顔で過剰な皮脂を取り除き、肌を清潔に保つことが大切ですがここで注意したいのが「洗顔しすぎ」です。
 
過剰な皮脂を抑えたくて、ゴシゴシこすったり洗顔回数を増やしすぎると「肌に必要な皮脂や水分」までを奪ってしまうからです。
 
皮脂は本来肌を外部刺激から守ってくれる大切なもの。
 
皮脂が不足すると肌が乾燥し、肌代謝(ターンオーバー)が乱れニキビが悪化しますので注意しましょう。洗顔後のデリケートな肌をタオルでゴシゴシこするのも絶対NGです。
 

yumi

症状がひどく赤みや炎症がひどかったり、顔中にニキビが広がってしまった場合重症化する前に早めに皮膚科を受診しましょう。

思春期ニキビのケアにおすすめの化粧品

大人ニキビとは?

大人ニキビの原因は1つじゃない

大人ニキビは思春期ニキビのようなわかりやすい原因がなく、いくつもの原因がからみあって発生します。
  
そのため原因が特定しずらく治りにくく再発しやすい非常に厄介なものです。

  • ホルモンバランスの乱れ(ストレス・更年期)
  • 肌のバリア機能低下による乾燥(スキンケアの刺激・加齢による肌老化)
  • 食生活の乱れ・睡眠不足

これらの複数の原因によって、肌代謝(ターンオーバー)がうまくいかなくなり、古くなった角質が剥がれずに表面に残り毛穴を塞いでしまいます。
 
それによって毛穴がつまることでアクネ菌が増殖しニキビ発症につながります。

大人ニキビの特徴

頬や顎などのUゾーンにできやすく、思春期ニキビと異なり、乾燥肌の人でも発症する。同じ場所に繰り返しできやすいのが特徴です。

大人ニキビのケア方法

大人ニキビの毎日のケアは角質ケアをし、肌代謝を正常にするシンプルですがこれが一番重要です。

  • ストレスをためない
  • 保湿ケアを念入りにする
  • 十分な睡眠(22時~2時のゴールデンタイムはできれば寝る)
  • 洗浄力の強すぎる思春期ニキビ用の洗顔は使わない
  • 紫外線対策をしっかりする

ターンオーバーを正常化し、肌の免疫力を高めてニキビの治りを早くするため、是非これらの点に気をつけてください。
 
「油分はニキビが悪化する!」と考えて毎日のお手入れで乳液やクリームをやめていませんか?
 

実はそれは間違えたお手入れ方法です!!
 
乳液やクリームには化粧水で補った水分を保護し、潤いを閉じ込め蓋をする大切な働きがあります。
 
水分が不足するとそれを補うため皮脂が過剰に分泌されニキビが悪化することもあります。
 
必ず保水+保湿ケアを毎日行いましょう。
 
ニキビが酷くて敏感になっている肌専用のお手入れ品もありますので使ってみるのもおすすめです。
 

yumi

肌代謝を整えることは、外部刺激から肌を守る「バリア機能」の向上にもなります。
ニキビだけでなくしわ・シミなど多くの肌悩み解消にもつながるので大人女性なら絶対気をつけたいポイントです。

大人ニキビのケアにおすすめの化粧品

【あなたのニキビは何色?】段階別ニキビの種類と対策は?


 
ニキビは、症状や段階が様々で進行度合いによって治療や予防ケア方法が異なります。
 
それぞれのニキビの原因と対策をまとめてみました。

炎症 状態 特徴
白ニキビ(コメド) なし 毛穴詰まり かゆみ・痛みなし
黒ニキビ(開放面皰) なし 皮脂が増加し詰まる 古い角質が酸化して黒くなる
赤ニキビ(赤色丘疹) あり 赤い発疹 詰まった毛穴にアクネ菌が増殖・炎症、痛みがある
黄ニキビ(膿疱) あり 化膿し悪化・腫れ上がる 赤ニキビが悪化(放置・ケア間違いで)潰すと跡になる
紫ニキビ(嚢腫) あり 真皮にダメージ・ニキビ跡に 痛みはないが触ったときゴリゴリする。跡になりやすい

ニキビの進行時期と特徴

ニキビはこのように一種類だけでななく、①白→②黒→③赤→④黄色→⑤紫の順に悪化しつつ進行していきます
 

(1)【初期】白ニキビ・黒ニキビ

初期の白・黒ニキビの段階は、毛穴に皮脂や角質が詰まり皮膚がポコッと盛り上がっている程度で、炎症はなく痛みもありません。
 
白ニキビ状態から皮脂が酸化し黒くなると黒ニキビになります。鼻の頭の黒い毛穴が目立つ「いちご鼻」がわかりやすい症状です。

(2)【進行期】赤ニキビ

白・黒ニキビが進行し赤ニキビになると、毛穴につまった皮脂が炎症してニキビの原因菌「アクネ菌」が増えます。
 
炎症による痛みもあり、見た目にも目立つのでなんとかしたい!とつぶしたりすると悪化・最悪ニキビ跡として残るので要注意です。

(3)【最終段階】黄色ニキビ・紫ニキビ

さらに進行すると「膿腫」とも呼ばれる化膿し黄色い膿が出た状態の黄色ニキビになります。
 
この段階までくると、アクネ菌+黄色ブドウ球菌という細菌もニキビに入り込んでいるので、炎症はひどく、放置すると一気に悪化します。
 
肌の奥真皮にまでダメージが及び「ニキビ跡」として残ってしまうこともあります。
 
黄ニキビをつぶすと、クレーター状の跡になります。潰すのは絶対やめましょう。
 
黄色ニキビが更に悪化、重症化すると紫ニキビになります。
 
膿やうっ血した血液が溜まった固くゴワゴワして見た目も悪いニキビです。
 
度々の炎症で肌の奥にまでダメージが進んでるので、ニキビが治ってもかなりの確率で跡になります。
 

yumi

ニキビ跡を放置すると、それがのちに大きなシミへと発展していきます。ニキビができたら放置せず、ここまで進行する前に適切なケアをしましょう

ニキビの進行レベル別ホームケア方法

ニキビを悪化させないためにはニキビの進行状態に関係なく

  • 食生活の見直しで内側からケア
  • ストレスをためない、十分な睡眠
  • スキンケアの見直し

この3点に気をつけましょう。

食生活の見直しで内側からケア

油っぽいものは避け、ニキビの悪化を防ぎ肌の炎症を抑えたり、健康を維持するビタミン・ミネラル分をバランスよく積極的にとりましょう。
 
特にビタミン類を意識して摂取するのが効果的です。

  • ビタミンB群(B6,B2)・・・過剰な皮脂分泌を抑える
  • ビタミンC・・・炎症抑制・肌の免疫UP 皮膚科でも処方
  • ビタミンE・・アクネ菌増殖抑制

ストレスを溜めない・十分な睡眠

ストレスによって自律神経が乱れると、ホルモンバランスが乱れ大人ニキビの原因となってしまいます。
 
ストレスを溜めないようにするためには3Rが基本と言われます。

・REST(レスト)・・休息・室の良い睡眠・休憩
・Recreation(レクリエーション)・・趣味・娯楽・運動などの楽しみ
・Relax(リラックス)・・・息抜き・緊張をとく

この3つで自分に足りていないところを補うのがニキビ解消に効果的です。

「肌は寝ているときに作られる」と言われるほど、質のよい睡眠もニキビ対策には不可欠です。
 

yumi

肌代謝を促進する成長ホルモンは睡眠後3~4時間後に最も多く分泌されますので、十分な睡眠時間を確保しましょう。
スマホを寝る前ベッドに持ち込まないだけで睡眠時間がかなり増やせますよ。

スキンケアの見直し

洗顔はやさしく

ニキビが悪化しないようにと、一生懸命ケアしすぎデリケートになっているニキビ肌に刺激を与えすぎないようにしましょう。
 
特に、洗顔は1日朝晩2回、過度な回数やこすりすぎは避けて、丁寧に優しくケアしましょう。

紫外線は極力肌に入れない

「メイクは肌に悪いから」とニキビができている間メイクを控え肌を休めるのはとてもよいことです。
 
ただし気をつけたいのが紫外線です。
 
紫外線の刺激は、ニキビを誘発する活性酸素を増やし、皮脂の酸化を早めニキビ悪化につながります。
 
ファンデーションをつけなくても、低刺激でしっかり紫外線をカットできるUVカット化粧品を使ってしっかりガードして外出しましょう。

ノンコメドジェニックテスト済みのものを選ぶ

アクネ菌の餌になりにくい油分を使用したのがノンコメドジェニック化粧品です。
 
保湿をし肌に必要な油分を与えつつ、ニキビの増殖を防ぐ効果があるのでおすすめです。

yumi

夏場は紫外線が一年で一番多く、気温も上昇する季節。汗や皮脂の分泌量が増え毛穴が詰まりがちです。洗顔や毎日のお手入れでしっかりニキビ予防しましょう

炎症の有無別ニキビケアのポイント

炎症なしのニキビ(白・黒)

炎症のない初期ニキビは、肌を清潔にし毛穴詰まるの原因となる過剰な皮脂を抑えることが大切です。
 
コメドプッシャーなど詰まった角栓を押し出す便利ツールを使うのも悪化予防におすすめです。

炎症ありのニキビ(赤・黃・紫)

一方で、炎症や痛みを伴い、ニキビ跡のリスクもある赤ニキビまで進行してしまった場合、黄色ニキビまで進行する前に、早めに皮膚科を受診し適切な治療を受けましょう。

ノンコメドジェニックのニキビケア化粧品

ニキビは顔だけじゃない!背中ニキビに悩む女性急増中


 
ニキビといえば顔のイメージですが、背中ニキビに悩む女性が急増しています。
 
水着の季節や、背中の空いた洋服を着るときなど背中にボツボツがあってはブルーになってしまいす。
 
背中ニキビはどうしてできるのでしょうか?

 背中ニキビの原因とは?

背中ニキビが増える要因は主に以下の4つです。

  • 皮脂腺が多い
  • 手が届きにくく十分に洗えていない
  • シャンプーやボディソープの成分が残っている
  • ホルモンバランスの乱れ

背中は皮脂とは無縁のイメージですが実は皮脂腺がとても多く、角質層も厚いので毛穴が詰まりやすい場所です。
 
加えて、普段洋服で隠れているので蒸れやすく、ニキビが悪化しやすい環境にあります。
 
 大人ニキビの原因同様、ストレスや食生活・バリア機能の低下などが原因で皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まりニキビが生じやすくなります。

背中ニキビの自宅ですぐにできるケア方法

入浴時最初に髪や身体を洗ってから湯船に入る

シャンプーやボディソープに含まれる洗浄成分(界面活性剤)が洗い残しで背中に残ると、それが刺激となって背中ニキビを悪化させます。
 
洗い残しには皮脂や垢なども含まれていて毛穴詰まりの原因にもなります。
 
身体洗い、洗髪を最初に済ませその後ゆっくり湯船につかって毛穴を開かせるようにしましょう。

ナイロンタオルでゴシゴシこすりすぎない

洗い残しが気になってごしごしこすると、肌表面が傷つき本来必要な皮脂も奪うこととなります。
 
肌免疫力が低下し背中ニキビの悪化につながりますので注意しましょう。
 
どうしてもタオルを使いたい場合は、ナイロンではなく綿やシルクなど柔らかく摩擦による刺激が少ないものを選びましょう。

yumi

100均などで売ってる泡立てネットでボディソープを泡立て手で背中に伸ばす方法が、肌への刺激や摩擦が少なくておすすめです

入浴後保湿する

入浴後、しっかり保湿し背中ニキビでダメージを受けている背中を保護することも大切です。
 
手が届きにくく、保湿剤を塗るのが大変な背中専用の「背中ニキビケア専用化粧品」も多数販売されています。
 
・広範囲に塗布できるスプレータイプ
・抗炎症る成分配合
・保湿成分配合
・ニキビ跡を薄くする美白成分配合

 
など背中のニキビに特化したすぐれた化粧品が多数ありますので悩んでいる方はチェックしてみてください。

【まとめ】ニキビは自分の種類を知って適切なケアが重要

ニキビは、発症年齢や症状の進行度によって原因や対策に違いがあります。特に思春期と大人ニキビでは根本的な原因が異なります。
 
ニキビの初期段階の場合、日頃のスキンケアだけで完治するケースもありますので、悪化する前に早めのケアを心掛けましょう。

 
症状があまりにひどい場合は、悪化してニキビ跡や色素沈着になど取り返しのつかない状態になって後悔しないよう早めに皮膚科を受診しましょう。